ブログの話

ブロックエディタを使い始めてみました

会社員&二児の母しながら、自宅で声のお仕事をするパラレルワーカー・こまきです。

このブログで使用しているおしゃれワードプレステーマ「JIN」ですが、ブログを始めた当初は「クラシックエディタのほうがおすすめ!」との公式サイトの見解に従い、クラシックエディタで執筆・投稿してきました

しかし!

JINのGutenbergへの対応が進んでいき、徐々にブロックエディタを触り慣れておいたほうがいいのだろう…ということで、この記事から、ブロックエディタで投稿してみます!

がんばれ自分。

クラシックエディタからブロックエディタに切り替える

私は初期設定段階で「Classic Editor」というプラグインをインストールしていました。この設定を次のように変更します。

設定>投稿設定>「すべてのユーザーのデフォルトエディター」を、「Classic editor」から「Block editor」に。

これで、投稿画面で強制的にブロックエディターが起動するようになりました。

リンクカードが表示されない?

JINでは、内部リンクのURL(同じブログ内の別記事URL)は、URLを貼り付けるだけで自動的に「あわせて読みたい」というリンクカードが生成されていました。

しかし…
ブロックエディタで内部リンクURLを貼り付けると…

投稿画面上では、↑このように、タイトルがダブルクォーテーションで囲まれた行と、その下にでかでかとサムネイル画像が登場。

こんなの邪魔だよ…ださいよ…どうすればいいの…

念のためそのままプレビューしてみたところ…

プレビュー画面では、きちんとリンクカード形式で表示されていました。
ほっ。

外部リンクのブログカードもおかしい?

同様に、外部リンクURLも貼り付けると、エディター画面上では以下のように表示されます。

勝手にダブルクォーテーションで囲まれた文字列になる

しかし!
ブログカードを表示させるプラグイン「Pz-LinkCard」の設定を以下のようにしておけば、URLをただ入力するだけで、公開された記事の画面上ではリンクカードとして表示されました

「Pz-LinkCard」の設定画面
設定>Pzカード設定>「エディタ」タブを開く

下へスクロールして…

✅「URLだけの行をリンクカードに変換する」
✅「外部リンクの時のみ変換します」
の両方にチェック

これで、公開後の画面では以下のように表示されました!

見慣れたブログカードの状態に!

めでたしめでたし…

困ったときはクラシックエディタでの入力もできる

これに最初から頼ってはだめだと思うのですが、Gutenbergがまだ対応していない機能などは、クラシックエディタ画面を呼び出して入力することが可能でした!

①適当な文字を入力してメニューポップアップを表示させ、段落?マークをクリック

②「クラシック版の段落」をクリック

③見慣れたクラシックエディタ画面が表示される

記号が全部化けてますが、ちゃんと表示できる時もある

過去の投稿を編集する場合は…

ブロックエディタで投稿する設定に変更したこの状態で、クラシックエディタで投稿した過去の記事を編集する場合は、どうなるのか?

過去の投稿記事の編集画面を開いてみたところ…

すべての内容が「クラシック版の段落」として表示されました。

これなら化けたり崩れることもない…かな?

参考にしたサイト

\声のお仕事1年目の報酬額を有料で公開中/