ブログの話

J:COM NET 光は「光コラボ」じゃない?他社の光からの乗り換え手続きはどうなる?

会社員&二児の母しながら、自宅で声のお仕事をするパラレルワーカー・こまきです。

今回は、自宅のインターネットについて書きます。

どんどん声の仕事から遠ざかっていく当ブログです。

エキサイト光からJ:COM NET光に乗り換えました

在宅ワーカーにとって、インターネット速度は生命線。

これまで使っていたexcite光が、ちょっと尋常じゃなく遅く、プロバイダを変えてみることにしました。

なんでもないホームページを見るのにも、毎回数秒待たなければいけないレベル。

首都圏ならそんなことなかったのかもしれない…地方には向いてなかったのかな…ただめっちゃ安かった。


ちなみに、エキサイトという会社が提供しているインターネットのサービスには、

  • 「IPv4方式」の「エキサイト光」
  • 「IPoE(IPv4 over IPv6)方式」の「excite MEC光」

の2種類があったのですが、最初に契約した「excite光」がお話にならないレベルで遅かったので、カスタマーサポートにも問い合わせ、もうひとつの「エキサイトMEC光」に切り替えたりもしましたが、それでもあまり速くはならず。

その前に使っていたソフトバンク光の時は、通信速度であまり不便したことがなかったので、プロバイダの違いでこんなにも変わるものかとびっくりしました。

光コラボの乗り換えだから、「事業者変更」だよね?

引っ越してるわけでもないのにインターネットをほとんど年一ペースで乗り換えている私。手続きはお手の物です。

事業者変更承諾番号」必要ですよね?エキサイトに問い合わせときますわ!

J:COMの人

(はっ?なんのこと?)特にそういうのは不要です。

えっ…なんで…)
あ、でもすでに光使ってるから工事は不要なんですよね?

J:COMの人

工事必要です。

なんでなの!?なんで!?

営業の人も、コールセンターの人も、ちゃんと説明してくれない…調べるしかない…

ちなみにJ:COMも、ケーブルテレビをベースとしたインターネットと、光のインターネットの2種類のサービスを展開しており、今回私が契約しようとしているのはケーブルテレビではないJ:COM NET 光

我が家の地域では、J:COMの親会社であるKDDIが展開しているauひかりの回線を使う、的な説明があったため、auひかりについて一生懸命調べたところ…

auひかりは「光コラボレーション」ではない

結論から書くと、auひかりは光コラボレーションではない。
だからauひかりの設備を利用しているJ:COM NET 光も光コラボレーションではない

なので、エキサイト光(光コラボ)から乗り換える場合でも「事業者変更」とはならず、「事業者変更承諾番号」は不要で、回線を引き込む工事が発生するということ。

そう教えてほしかった。

「光コラボじゃない」ってどういうこと?

「なんちゃら光」は全部光コラボだと思ってたので、そうじゃないパターンがあるということを初めて知りました。
でもそれって大丈夫なの?何が違うの?

端的に言えば、「光コラボ」とは、NTT回線を利用して、NTT以外の会社がプロバイダサービスをくっつけて販売しているサービスのこと。

auひかりや、「通信速度速い」といろんなところで見かけるNURO光などは、独自回線を利用しているサービスらしいのです。


「独自回線」と言っても、auひかりの場合、関東の1都3県はKDDIが敷設した自前の回線で、それ以外の地域は自前の回線ではない「ダークファイバー」を利用しているとのこと。

ダークファイバーとは、NTTが保有している光ファイバーの内、使用されていない回線のことで、「光コラボ」事業者がフレッツ光などと分け合って使っている回線よりも、使っている業者や利用者の数が少ないために、通信速度が比較的速くなるということまで分かりました。

言うても、インターネットの通信速度は使ってみないと分からないので、もう広告や理論値には騙されないぞ…

まとめ

「なんちゃら光」には、光コラボとそうでないものがある!

そしてJ:COM NET 光は、地域によって回線がKDDI自前だったりダークファイバーだったりという違いはあるが、「光コラボレーション」ではないため、「事業者変更」での乗り換えはできず、回線工事が必要になるということでした。

\声のお仕事1年目の報酬額を有料で公開中/