副業の話

自宅で声の仕事を始めるために必要なこと・もの|在宅ナレーターを始めるには

会社員&ナレーターのパラレルワーカー・こまきです。

今回は、在宅ナレーターやってみたい!という方のために、どんな準備が必要かを書いていきたいと思います。

 

自宅で収録なんて本当にできるのか?考える

何を買うとか以前に、まず「自宅で声を録るという作業ができるのか?」を考えます。

我が家の場合、

  • 地方(隣近所との距離が遠い)
  • 静かな住宅街(近くを電車が通ったり、車がぶんぶん通ったりもしない)
  • 一戸建て(大きな声を出しても、上下左右の住民に迷惑をかけない)

という、在宅ナレーターするためにここに住んでたんだっけ、というほど最適な環境で。

でも調べてみると、

  • 都会
  • 近所を電車が走る・幹線道路がある
  • マンションで宅録されてる方

もたくさんいらっしゃいます。

なので、向き不向きはあれど、どんな住環境でもやってやれないことはない。

「そんな大きな声出す?喋るだけでしょ?」と思うかもしれませんが、ちゃんとマイクに声を乗せようと思うと、結構声を張る必要があります。

予定している収録の時間帯が深夜だったりすると、アパートでは厳しいのかも…?と思ったりはします。近所迷惑になりますからね…。

 

何が必要?これだけは買おう!

宅録の準備をするにあたって、私の中でゆるぎない原則がありました。
それは「必要最低限のものしか買わない!」こと。

私は、副業として声の仕事をしようという入口だったので、赤字になっては意味がない!
クラウドソーシングサイトの金額をずらっと見る限り、どう考えてもそれほど稼げるようになるとは思えない!
回収できない投資はしない!

今でこそ大変ありがたい金額をいただけるようになり、それに合わせて後から機材を更新&充実させていきましたが、最初はそんな立派なものをそろえる必要はないと思います!

 

では、何が「最低限」必要なのか?

  • パソコン
  • マイク(パソコンにUSBで接続できるもの)
  • 編集用ソフト

これだけあれば、とりあえずの声の収録~編集~納品は可能でした。

パソコン

仕事に応募するにも必要ですし、録音~編集にも必須。普通に動けば、特にスペックとか気にする必要はありません。
ファン音がうるさい場合はちょっと注意ですね。

マイク

これがなくては始まらない。それは私でも分かった。
で、パソコン内蔵のマイクなんかではちょっとどうしようもない、ということも想像がついた。
安い案件では「スマホ録音でOK」という募集もありますが、それもちょっとねぇ…。

マイクのレビュー記事は、探し始めると本当に死ぬほどあって、おすすめされてる価格帯もピンキリです。

私が最初に購入したマイクはこちら ⇒MAONO USBマイク コンデンサーマイク

 

【良いところ】

  • USBでパソコンに直接接続できるので、「オーディオインターフェース」という機器を買わなくていい
  • 音も、まあそれほど悪くない(クラウドソーシングサイトの案件をするぐらいなら充分なレベル)
  • ポップガード(マイクと口の間にある、吹かれ防止のためのアイテム)が付属している

 

【微妙な点】

  • マイクで録った音がどのように録れてるか、リアルタイムで確認できない

テレビとかでナレーターが収録している様子を映像で見ると、皆さんヘッドホンしてますよね。録れている音をモニタリングしながら収録することで、変な音が入ったな、とかにすぐ気づけるのですが、このマイクはダイレクトモニタリングができないので、録音→録音停止→再生して初めてしくじったことに気付くなど、ちょーっとだけ不便。でもそんなことが不便だということも最初は知らなかった。

このマイク、使っている感じ全然悪くなかったし、1件数千円の仕事まではこれで対応していました。音質が悪いとかでリテイクされたこともありませんでした。

でも、声の仕事で(副収入としては)充分な金額が頂けるようになったので、もう少しちゃんとしたものに変えよう…と早々に買い替えることに。でも、お試しには充分な代物でした。

編集用ソフト(DAW)

クラウドソーシングサイトの仕事であれば、Audacity(フリーソフト)で充分です。
Audacityは、操作が分かりやすい&使い方の解説サイトがたくさんありますので、初心者でもすぐ使えるようになるはず。

 

ボイスサンプルづくり

マイクが届いたら、

  • 私はこんな声です
  • こんな読み方ができます
  • 私の収録環境で作成した音源はこんな感じです

をアピールするための材料として、ボイスサンプルを作ります。

クラウドソーシングサイトのナレーター募集案件で、「ボイスサンプル必須」と書いてあるものがありますが、逆に、ボイスサンプルなしで採用されるなんてことがあるのか???
1件目の案件からボイスサンプルありで応募したので、謎です。

「ボイスサンプル 原稿」で検索するとフリーの原稿がたくさん見つけられますので、その中から適当にピックアップするのでOK。
仕事の価格帯が上がってくると、ボイスサンプルも個性が必要になってくるので、充分戦略を練って制作していく必要がありますが、最初はフリー素材で充分と思います。

ココナラなどで、オリジナルのボイスサンプル原稿を作ってくれるサービスも売ってます。

 

ナレーションの仕事の探し方

もう何度も出てきてますが、初心者が在宅で声の仕事をしようと思ったら、まずお世話になるのはクラウドソーシングサイト

  • クラウドワークス:掲載案件数が多い。単価低い仕事が多い印象。
  • ランサーズ:掲載案件数は少なめ・単価もいろいろだが、比較的まともな募集が多い印象。
  • ココナラ:案件に応募するのではなく、サービスを出品する形式。(公開依頼に応募する、というのもある)
私はクラウドワークスとランサーズの2サイトを主に使って、副収入的には充分稼げました。

 

応募あるのみ!

準備が整ったら、あとは片っ端から応募応募応募!
はじめは実績がないので、あまり単価の高い低いを考えず、とりあえず応募!
最初の1件が決まると、2件目以降はわりとスムーズに決まっていった気がします。

ちなみに私が初めて受注した案件は、男性と女性のやりとりをライン風アニメーションに乗せてお届けする「ライン動画」と呼ばれるやつで、1人2役、3000文字、ざっと10分しゃべり倒して500円!ワンコイン!!

蛇足ですが、この500円からクラウドワークスに手数料が引かれるので、最終的に私の手元に入ってくるのは429円。ワンコイン切っちゃう!!

500円を踏み台として、少しずつ単価高い案件に乗り換えていければラッキーです。

 

 

何はともあれ、これで無事「在宅ナレーター」のできあがりです。

 

500円の仕事をずーっと楽しく続けていくのもアリですし、もっと高い単価で仕事することを目指すのもひとつですが、あくまで参考として、私が在宅ナレーターを始めて3か月で収入がどのように推移していったかなどは、以下のnoteで公開しています。
よろしければこちらも参考にしてください。

在宅ナレーター収入の推移

クラウドソーシングサイトでの単価を上げたい

\声のお仕事1年目の報酬額を有料で公開中/